小江スケートパークの清掃活動報告 2015.6/26Fri

長崎市小江スケートパークの清掃活動報告書 改1 長崎市小江スケートパークの清掃活動報告書 改2 長崎市小江スケートパークの清掃活動報告書 改3 長崎市小江スケートパークの清掃活動報告書 改4

長崎市小江スケートパークの管理局である長崎県長崎振興局長崎港湾漁港事務所港営課港湾管理班に、この報告書を持ってお邪魔して来ました。

まずは「小江スケートパークの存続」を目的に、利用者一人一人ができることやるべきことを港営課の担当者の方とこれから話し合って行けたらと思います。これはその第一歩です。

いくつか小江の環境整備についても質問させていただいたのですが、現時点での回答は、「老朽化で見えなくなったマナー告知の看板」や「壊れたフェンス」については、管理局の方も把握はしているけれど具体的な補修の目処は立っていないとのことでした。
ここ数年港営課にお邪魔して担当者の方とお話してて、薄々感じてはいたんですが、小江スケートパークの管理においては、補修等をするための具体的な予算が組まれていないのです。去年はRed Bull Local Hero Tour -bmx- 開催の前に、全敷地の草刈りをやっていただいたのですが、それは担当者の心意気でもあったんですね!ということは、「公共の施設だから管理の人が整備して当たり前だろう」なんて優長なことは言ってられません。小江スケートパークの存続には、小江スケートパーク利用者一人一人のマナーが大事であり、その声を管理局に届けて動いて行くことがこれから必要だということが見えて来ました。

「レベルの高いトリックをやる人間がかっこいいのか」
「いつも利用している人間がローカルなのか」

堅苦しいことつらつらと書きましたが、楽しくなければ意味はないけど、楽しいだけでは楽しくなくなるという危機感も大事!!おれも含めて、普段小江スケートパークを利用している人たちで考えて行けたらと思います☆

最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。共感していただける方がいらっしゃればシェアして頂けるとありがたいですし、シェアしなくても「こんなこと言ってるやつがいたな」くらいに胸にとどめていただけると幸いでっす!!
最後に、ガラクタ撤去や落書き消去で動いたみなさんおつかれさまでした&ありがとうございます!!

 

つづく